[海外の反応]呪術廻戦 第12話 を見たその頃

2020年秋
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
2020年秋 アニメ

第12話「いつかの君へ」

Pyroclastical

宿儺「分をわきまえろ、痴れ者が」
 
クソっ、なんて悪いヤツなんだ


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑宿儺が、宿儺の魂に触れてしまった真人を圧倒するシーン

Sandwich-External

宿儺は本当に冷淡なヴィラン(悪役)だな


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑宿儺が、自分のすべてと引き換えにしてでも順平を助けてほしいという悠仁の願いを、あっさりと断ったシーン

Damarugaki

そしてここで、彼がどんなご都合主義的展開を出してくるのかなって思った
And here I thought he was going to be there for any asspulls

UnPhayzable

彼は友情のどれにも興味がないよ

jrevv

宿儺が虎杖を何とかして助けてくれるんだろうと思ってた。
他のアニメで見た少年マンガ的要素にかなり騙された。
実際は清々しく、順平を救う都合主義的展開はない

Izanagi___

特別な呪いに直面したときに宿儺を使うことで「刑務所から無料で抜け出す」カードを
主人公が持ってるのを見る、なんてことがないのは良いことだよな

thesagenibba

ダイナミックさにかなり満足してる。
少し騙されたのは、宿儺はカリスマ的だけど、マジ驚いたんだけど脅してるんだよ。
彼は真人にリアリティチェックをした
He gave Mahito a reality check
 
(備考:「reality check(リアリティチェック)」
自分本位な考えなどから現実に引き戻すようなこと、といった意味のようです)

Mundology

その瞬間、真人は最悪な状況だって知ってた

宿儺による、真人へのリアリティチェックの瞬間?


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑宿儺の魂に触れた真人。「呪いの王」の圧倒的な何かに圧倒されているように見える

knightkoala

断然、順平の能力が好きだな


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑順平の式神「澱月(おりづき)」。クラゲの式神で、毒針で攻撃する

Se7en_Sinner

…そしていなくなった…

xPlasma10

OPの順平で騙された…


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑OPでの悠仁と順平。仲良さそうに笑っている2人

Kromage911

誰か今すぐOPのディレクターを市の広場に連れてきて。
公開処刑の時間だ

Damarugaki

先週は素敵な女性で、今週は仲間になる可能性のあるキャラクターでした…
 
休憩できないかな?

Silent_Shadow05

呪術廻戦は――休憩は許されていないようだ。
進む先の道は暗く、恐怖に満ちている。
地獄へようこそ

MagnoBurakku

これが呪術廻戦がどんなシリーズなのかを確立したポイントで、
誰かが言ってたように、宿儺はクラマじゃあないってことだ
 
(追記:コメントで教えていただきました!
ここの「クラマ」は、NARUTOの九尾の狐、九喇嘛(くらま)の方とのことです!
コメントより↓

「主人公の体内にいる化け物という同じ様な存在だけど
宿儺は九喇嘛の様に主人公に力を貸してくれるようなやつではない、ということ」

教えていただき、ありがとうございます!!)
(備考:蔵馬、といえば幽遊白書の蔵馬のこと?じゃないかな?
蔵馬は、妖怪が人間に転生したキャラクター。転生する際に、人間の胎児に憑依融合している。主人公たちの仲間)

 
呪いは想像しうるあらゆる恐ろしい方法で人々を破壊し、
キャラクターの精神を蝕み、チャンスがあれば彼らの哀れさを悪役と一緒になってあざ笑うという、
許されない世界をあなたは今、知っている。
 
悠仁と一緒の呪術高専の順平には、贖い(あがない)や、2度目のチャンス、比較的「幸せな時間」などはない。
彼は去ったばかりだ。
順平がOPで制服を着てることでみんなをだましたMAPPAに脱帽だ

brokenSmeargle

はい今こそついに、ピクニックシーンがどんだけめちゃくちゃなのかについて話せるね


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑OPのピクニックシーン。順平があんな風に去った今、たしかにめちゃくちゃなのかもしれない

Aileos

アニメ会社は私たちをひどくひっかきまわしたよな

zeninimasyer

オープニングのアニメーターたちは、SNSなどで荒らしがするように、
順平が呪術高専に入っていると、私を完全に騙しました。

Silent_Shadow05

ええ、彼らは本当に荒らしです。
今、私たちを笑ってるんじゃないかな。
順平のことに関心を向けさせて、それから彼を殺した。
前回のエピソードの彼の母親と同じように。
なんでなんだよ…私は本当に順平たちのことが好きになって、そしてこれが起きたんだ 🙁

MagnoBurakku

あのゲラゲラ笑うシーンを待ってたんだ。
アニメ会社は悠仁の哀れさだけで、絶対的なおもしろみを描いた


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑真人と宿儺が、腹の底から悠仁のことを笑っている。ゲラゲラゲラゲラ…

Silent_Shadow05

あのシーン、虎杖にわかりみが深かった。
絶対的な無力感と、順平を救うことができた唯一の方法の喪失。
宿儺の「断る」ってセリフは、彼の核心に衝撃を与えたし、その後の怒りも理解できる。虎杖は人と呪いの違いが何なのかを本当によく学んだ。
 
本当にめっちゃ暗いな

realrimurutempest

MAPPAは、このアニメがどれだけ暗いかを全力で示してる🔥🔥🔥

DMking

おまけにチェンソーマンの準備もしてる

SurfsUpSquirtle

繰り返し頭突きをしたのは残酷で、すごい驚いた
 
ガーン、私はショックを受けています。
そうなることは知ってたけど、すべてがかなり強烈だった。
かわいそうな悠仁 🙁
 
投稿者による編集:
じゅじゅさんぽで、wwwなんだこれ!ってなったw
さらに編集:
次回予告…あぁぁぁぁ

Se7en_Sinner

虎杖の頭は、サモアのプロレスラーよりも硬いな

UnPhayzable

石頭が主人公として流行ってるね

lasso914

竈門炭治郎はその流れっぽいな

OBBの感想

<今回、訳していて…>
「asspull」って、ass-pull、おしり 引っぱる→作者に都合のいいように急に出てくる、ご都合主義的展開や設定、という意味なのだそうで、
そんな言葉があることにビックリしたのと、おもしろいな!って思いました!
 
お前はオレか!という書き込みに、ニヤニヤしながら訳してましたw
石頭が主人公界で流行ってる、っていうのも…。それは私も思った!w
 
<OBBの感想としては>
宿儺はやっぱり宿儺だったーー!


©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

↑バトルシーンからうって変わって静まり返った魂の世界(?)で、真人に話しかける宿儺。ものすごく「呪いの王」の威厳的な話し方、テンポで、最高でした。その前は大笑いしてたけどね…
 
真人が自分たちの狙いをより具体的に言ってくれたので、そういうことか…!ってなったのと、真人もやっぱり呪い…。こっわ…。
そして、順平RIP…(ご冥福をお祈りします)
 
駆け付けた七海と悠仁が、真人とどんなバトルを繰り広げるのか
次回も楽しみです!

引用元:reddit
4 Comments
新しい順
古い順評価の多い順
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示
とおりすがり
2020-12-26 20:36

20年近く?前のなんとかシュナイダーって人のreality checkって曲が好きだったの思い出した
そんな意味だったんですね、勉強になりました

匿名
2020-12-23 14:16

クラマは幽白の蔵馬ではなくNARUTOの九尾の狐、九喇嘛の方ですよ~
主人公の体内にいる化け物という同じ様な存在だけど
宿儺は九喇嘛の様に主人公に力を貸してくれるようなやつではない、ということ

4
0
感想をお待ちしています!コメントはこちら!x
()
x